広告が印刷されて封入されたポケットティッシュの特徴とメリット

印刷された広告をポケットティッシュに封入して街角で配布するPR手法は、古くから利用されながら今なお利用され続けています。誰でも1度は受け取った経験があるのではないでしょうか。どの家庭でも常備されているティッシュペーパーですが、外出する時もバッグやポケットに入れて持ち歩く人もたくさんいます。わざわざ購入しなくても携帯用ティッシュペーパーをもらうことができるのですから、街で配布されていれば思わず受け取ってしまうのは当然でしょう。このように受け取ってもらえる確率が非常に高く、すぐに捨てられてしまう可能性が低いという特徴を持つ広告媒体が印刷された広告が封入されたポケットティッシュです。そして、この特徴が広告媒体として廃れることなく使われ続けている理由です。

広告入りポケットティッシュのメリット

同じく該当で配られている受け取った時に興味がなければすぐに捨てられてしまうチラシと比べて、ティッシュ広告はとりあえず受け取ってもらえる可能性が高いために費用対効果も高いといえます。それだけではなく、ティッシュを使うたびに何度も広告を目にしてもらえるという特徴がさらに効果を高めています。ティッシュをもらったときには興味がなくても、ふとしたきっかけで興味を持つことは誰にでもあります。つまり広告の持続性が高い媒体でもあるということです。また、季節を問わずに利用できるというメリットもあります。例えば広告が印刷されたうちわは夏の間だけしか利用できません。季節を問わず利用できるということは1度にたくさん作っても無駄にならないということになります。つまり、大量に作ることで単価を下げて製作コストを削減することも可能です。

広告入りポケットティッシュのデメリットと最近の傾向

ティッシュ広告のデメリットはティッシュのパッケージの大きさが限られ、広告面積が小さくならざるをえないという点になります。広告面積が小さい分、掲載する情報量が限られてしまうのが欠点です。広告効果を上げるためには掲載する情報を取捨選択し、デザインやレイアウトの工夫をしなければなりません。しかし、近年は環境が変化してそのデメリットも少なくなりつつあります。携帯電話やスマートフォンの普及です。誰もがインターネットで、いつでもどこからでも調べることができる時代です。印刷物に詳しい情報を掲載しなくてもインターネットのホームページを見てもらえれば良いのです。紙面にQRコードを掲載しておくだけで携帯電話やスマートフォンからホームページに誘導すれば良いのですから大きな面積は必要なくなりました。